塩ビ工業・環境協会
サイト内検索
お問い合わせメールマガジンサイトマップenglish

塩ビ樹脂・塩ビ製品製造時のLCI

ライフサイクル・アセスメント:数値でみた塩ビの評価

 環境負荷を一面的にとらえるのではなく、総合的な視点から評価する手段として、素材の選択やグリーン購入の目安などとして最近、注目されています。私たちはこのLCAデータの構築にも積極的に取り組んでいます。近年話題になっているカーボンフットプリントにもLCAが欠かせません。
 製品のライフサイクル(製造、使用、廃棄)の各工程で消費された資源、工ネルギー量、各種環境負荷項目の排出量を定量的に評価した情報が、LCA(ライフサイクル・アセスメント)を実施するための基礎デ-夕となります。これをLCI(ライフサイクルインベントリ)といいます。LCA評価が正しく行われるためには適切なLCIデータを整備し、提供することが重要です。

 

1.塩ビ樹脂は製造時のエネルギー消費や環境負荷が少ない素材です。
2.塩ビ製品への加工は、樹脂製造に比べて、更にエネルギー消費と環境負荷の少ない工程です。
3.塩ビは過半のエネルギー消費と環境負荷量を占める樹脂製造を回避できるマテリアルリサイクル適性の優れた素材です。

 

LCA(ライフサイクル・アセスメント):

その素材や製品が、製造、使用、廃棄、さらにはリサイクルといったライフサイクルをおくる過程で、どれほどの資源を消費し、どれほどの環境に影響を与えたかを総合的に分析・解析して評価する手法。

 

1.塩ビはエネルギー消費や環境負荷が少ない素材:そのLCIデータ

 代表的な汎用樹脂のLCIについて、「(一社)プラスチック循環利用協会(旧:(社)プラスチック処理促進協会)」がまとめた比較データによると、石油採掘から樹脂製造段階までの工程エネルギーは22.3~30.0 MJ/kgで、各種樹脂間にそれほど大きな差異はありません。しかし資源エネルギーについては、石油からの炭化水素を主とする樹脂が45.6~46.5 MJ/kgであるのに対して、その重さの半分を超える割合を塩素が占める塩ビは21.3 MJ/kgと他樹脂の半分以下であり、負荷が少ないことがわかります。塩ビの工程、資源の合計エネルギー負荷(46.1 MJ/kg)は、包装材料によく用いられる低密度ポリエチレン(LDPE)(72.2 MJ/kg)の64%となり、塩ビ樹脂は、エネルギー負荷の最も少ない優れた素材といえます。(図1上)

 塩ビ樹脂の環境負荷をみると、CO2は1.45kg/kg、NOxは2.43g/kg、SOxは2.17g/kgで、CO2は他の汎用樹脂に比べて総じて低く、特にNOx、SOxでは汎用樹脂の中で最も低いレベルにあります。 (図1下)

 

図1.汎用樹脂製造のLCIデータ
汎用樹脂製造のLCIデータ

出典:(一社)プラスチック循環利用協会「石油化学製品のLCIデータ調査報告書」 2009.3


 

2.塩ビ製品に加工するエネルギーは大きくない:パイプ、農ビのLCIデータ 

 塩ビ製品の代表的なものとして、パイプ、農業用フィルムなどがあります。これらの1次加工品のLCIデータを「塩化ビニル環境対策協議会」が1999年に調査した結果では、パイプの加工エネルギーは、2.4 MJ/kg、農業用フィルムが9.4 MJ/kgと、樹脂製造に比べて非常に少ないことがわかりました。(図2上)

 プラスチックの成形加工に使うエネルギー消費は電力に起因するものが主であり、環境負荷も電力消費に大きく依存します。しかし、塩ビの場合、電力を主とする押出加工に比べるとカレンダー加工のように蒸気(すなわち重油)を熱源とする割合の高い加工では環境負荷が違ってきます。(図2下)

 一般にプラスチック製品では、図2のデータが示すように原材料樹脂の製造までに消費されるエネルギー量(図2の材料エネルギーがそれに相当する)や環境負荷量に比べて、樹脂を加工してプラスチック製品にするときに消費されるエネルギー量や環境負荷量の方がはるかに小さいのです。

 

図2.代表的塩ビ加工品のLCIデータ
代表的塩ビ加工品のLCIデータ

出典:1999年11月 塩化ビニル環境対策協議会

 

トップへもどる
Copyright (C) Vinyl Environmental Council All Rights Reserved.