塩ビ工業・環境協会
サイト内検索
お問い合わせメールマガジンサイトマップenglish

塩ビ樹脂の配合・加工方法

 塩ビ樹脂の製品は、塩ビ樹脂粉末に安定剤、滑剤、可塑剤、着色剤、改質剤などを配合して調製したコンパウンドを作り、そのコンパウンドを種々の加工機械に供給し、加工成形されて製品になります。

 塩ビ樹脂は極性基(塩素)を持ち非結晶性のため、さまざまな物質との混和性が良く、使用時の要求物性(柔軟性、弾性、耐衝撃性、防汚染、抗菌、防曇、防炎等)を、可塑剤やさまざまな添加剤、改質剤、着色剤との配合によって自由に調整することができます。柔軟性、弾性、耐衝撃性等の要求物性を可塑剤、添加剤、改質剤等を配合することで自由に、幅広く、連続的に調整可能な汎用プラスチック材料は塩ビ樹脂だけです。

 配合で物性を調整できるので、わずかな品種で多くの用途(繊維、硬質プラスチック、軟質プラスチック、ゴム、塗料、接着剤)をカバーできます。配合で使用時の要求物性を調整できる性質は、リサイクルの面でも極めて有利といえます。

 極性基は、着色性、印刷性、接着性にも寄与し、塩ビ樹脂は前処理の必要がなく、多彩な意匠を可能にします。木目、大理石、メタリック調等の模様をはじめ、壁紙、床材、建材、家具や家電製品などの身近なもの、看板、航空機・新幹線の車体のステッカー、バス、電車の車体の模様など、印刷性、接着性、耐候性の良さを生かして、さまざまな使われ方をしています。

 このように、塩ビ樹脂製品の性能は配合の割合と配合方法によって決定されます。コンパウンドを製造する工程では、配合の処方に従って正確に計量された配合剤を塩ビ樹脂粉末の中に均一に分散させるため、ヘンシェル型ミキサー、リボンブレンダーなどの機械で混合されます。この状態で加工成形される場合もあり、さらに、バンバリーミキサーや押出成形機を用いて加熱溶融し、ペレット状のコンパウンドに成形した後に加工成形される場合もあります。

 成形方法として、押出成形、カレンダー成形、射出成形、熱成形、ディッピング加工、コーティング加工などがあり、様々な形の塩ビ製品が作られます。

押出成形
カレンダー成形
射出成形
熱成形
ディッピング加工
コーティング加工

 

トップへもどる
Copyright (C) Vinyl Environmental Council All Rights Reserved.