VEC TOPICS
2019年7月17日
PVC News No.107号を発行しました


 塩化ビニル環境対策協議会(JPEC)は、7月12日に機関誌「PVC News No.107号」を発行しました。今回の特集は建材(省エネ)がテーマ。3年前にVECで立ち上げた「ZEB/ZEHの実現を考える会」の取り組みの成果と今後の展開について、芝浦工業大学秋元孝之教授に語っていただきました。それに関連して、樹脂窓メーカーの取組み、樹脂窓を実装した医療機関の事例、さらに省エネ効果が期待できるオーニングを紹介しています。

 巻頭では、秋元孝之教授が委員長を務められた「ZEB/ZEHの実現を考える会」の取り組みと、研究成果として取りまとめた小冊子「ZEBの実現のために〜樹脂窓による省エネルギーと快適・健康な室内環境の実現」について、秋元教授に熱く語っていただきました。

特集に関わるレポートでは、
 @樹脂窓を手掛けている(株)LIXILを取材し、高断熱窓の最先端事情及び製品開発の取組みについて、A国土交通省の「住宅・建築物CO2先導事業(2014年度)」に選定された長野県の浅間南麓こもろ医療センターを取材し、新装病棟に樹脂窓を採用するなど省エネへの取組みについて、B最近遮熱効果による省エネが期待されている移動式オーニングを開発したBXテンパル(株)と文化シャッター(株)のライフイン環境防災研究所を取材し紹介しています。

 「リサイクルの現場」のコーナーでは、塩ビ管リサイクルを手掛けている(株)ムサシノ化学を取材し広大な北海道で使用済製品のリサイクルに挑戦している姿を紹介しています。

 また、「インフォメーション」のコーナーでは、@マーキングフィルムなど塩ビフィルムを手掛けているリンテック(株)の粘着技術を駆使した多彩な商品展開について、A東京ビニール商業協同組合(東ビ商)の新理事長の福榮産業(株)福澤社長より同社の取り組みや東ビ商の活動について紹介しています。




JPEC ホームページ