塩ビ工業・環境協会
サイト内検索
お問い合わせメールマガジンサイトマップenglish

土木・建築  

壁紙・化粧フィルム

 機能的にも多くの種類が有り、経済的なのが特長です。それぞれの特長と注意点をご理解の上ご使用下されば有り難いです。

 

特 長

汚れ防止壁紙は表面に汚れ防止性能のある特殊フィルムを張り合せてあります。
防カビ壁紙は、防カビ剤を使用することによりカビの発生を抑え室内を清潔に維持させる効果を備えています。使用薬剤の安全性は十分に配慮されているため、安心してご使用いただけます。施工に際しては、防カビ剤入りの接着剤をご使用ください。
その他、抗菌性能や表面強化の加工を施したものもあり、ホルムアルデヒド対策につきましてはF☆☆☆☆(JIS規格)の製品が主流です。
F☆☆☆☆について
 建築基準法では、内装仕上に使用するホルムアルデヒドを発散する建材は使用面積の制限があります。壁紙のF☆☆☆☆はホルムアルデヒドの放散量が0.2mg/l以下のもので建築基準法の規制対象外となっており、内装仕上材として制限なしに使用できます。
塩ビ壁紙には、分別回収を容易にするための識別表示(材質表示)マークをつけることが、事業者に義務付けられています。具体的には『∞PVC』マークを製品の裏面に1メートル以内の間隔毎に薄く印刷してあります。壁紙施工後、剥がしてもブラックライトを照射することにより『∞PVC』がハッキリ浮き出て識別できます。塩ビ壁紙の装飾性という使命からこの様な手段をとっています。

 

化粧フィルム C-16-1  
壁紙 C-16-2
壁紙 C-16-2
 
壁紙 C-16-3
壁紙 C-16-3
化粧フィルム C-16-1  

 

 

>>内装のトップへもどる<<

 

トップへもどる
Copyright (C) Vinyl Environmental Council All Rights Reserved.